秋季兵庫県大会神戸地区予選

秋季兵庫県大会神戸地区予選の結果をお知らせします。

2回戦 星陵 7-0 神港橘(7回コールド)
ブロック決勝 星陵 6-1 神戸

以上の結果、9月11日から始まる県大会出場を決めました。
無観客での開催となることが予想されますが、部員一同精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします。
なお、公式インスタグラムの方に写真等もアップしておりますので、ぜひご覧ください。

公式インスタグラム開設のお知らせ

星陵高校野球部の公式インスタグラムを開設しました。
部員・マネージャーが更新していきます。
早速秋季大会の結果をアップしています。
リンクを貼っていますので、ぜひご覧ください。

第103回全国高等学校野球選手権兵庫大会 1回戦

1回戦 7月3日(土)明石トーカロ球場
    星陵 5-7 県農業

 2年ぶりの開催となり、開会式に参加できる選手も非常に制限された中で、開幕ゲームを引き当て、全員で開会式に臨むことができたことはとても幸せであった。
 開会式直後の開幕ゲームということで、始球式があるなど通常とは違う雰囲気の中で試合が始まった。
初回の守り。打ち取った打球がヒットゾーンに飛び、嫌な流れの中で無死1・2塁のピンチを迎えた。次打者を内野ゴロに打ち取ったが内野手が慌ててしまいエラー。悪い流れのまま、その後もヒットを打たれ3失点。いきなり追いかける展開となった。開幕ゲームの立ち上がりの難しさを感じた。しかし、その裏の攻撃で先頭打者がヒットで出塁し、1点を返すと2回、3回にも1点ずつを返し試合を振り出しに戻した。さぁここからという矢先に1点を失うと次の回にも3点を失い4点差となったが、その直後に1点返し3点差で前半を終えた。後半に入って6回の攻撃。先頭から連続安打と盗塁でで無死2・3塁とするとWPで1点を返したがその直後、走塁ミスでチャンスを潰すと、そこからチャンスを作りながらもあと1本が出ず、得点できないまま敗れた。

 秋はあと一歩というところで県大会出場を逃し、春は一度も勝つことができず、4月末から緊急事態宣言が出され、大会直前の6月中旬まで練習試合ができず、昨年同様に非常に限られた中での練習しかできなかった。秋の戦いからさらなる飛躍を期したチームであったが、十分にチーム力を高めることが出来ず、結果に繋げることが出来なかった。しかし、3年生の努力してきた姿に偽りはなく、それを間近で見てきた1・2年生は3年生の悔しさを晴らすべく、秋の大会での上位進出を目標に、新チームをスタートする。

 最後になりましたが、保護者をはじめ、本校生徒、職員、OB、地域の方々など、これまで本当に多くの方々にご支援・ご声援頂き、感謝の気持ちで一杯です。これからも、皆様に応援して頂ける星陵高校野球部を目指して、頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

卒業生の進路結果

遅くなりましたが、昨年度の卒業生及び、過年度生の進路結果について紹介します。

鳥取大学、大阪市立大学、尾道市立大学、
同志社大学、関西大学、近畿大学(3)、兵庫医療大学

となりました。それぞれが自分の選んだ道で、星陵高校野球部OB・OGとして、前向きに成長してくれることを願っています。

令和3年度 春季高校野球大会神戸地区予選結果

3月29日(月) あじさいスタジアム
 星陵 0-5 須磨学園

1回表、四球とヒットなどで2死2・3塁からレフトにタイムリーヒットを打たれ、2点を先行される苦しい立ち上がりとなった。その後はチャンスを作りながらもあと一本がでず、2点差のまま5回を終えた。
試合が動いたのはグランド整備直後の6回表。2死2・3からライト前タイムリーヒットを打たれ、1点を追加されてしまう。すぐに反撃したいところであったが、その裏の攻撃を3者凡退に抑えられてしまい、そのまま試合は終盤に突入。次の1点を先に奪いたいところであったが、逆に9回表に2点を追加され、0対5で敗戦となってしまった。
秋の県大会出場を逃した悔しさから、春の県大会出場を目指して、冬の練習に取り組んできましたが、思うような結果を得ることができず、非常に残念な結果となりました。

最後になりましたが、保護者、OB等、多くの方々にご声援頂き、本当にありがとうございました。
春季大会の結果を謙虚に受けとめ、これからの練習、練習試合に繋げ、夏には一度でも多く校歌を歌うことが出来るようなチームにしていきたいと思います。今後ともご支援、ご声援よろしくお願い致します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR